いきあたりばったり。


by ikue-551
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

手を動かす、線を引く。

職場での人間関係がどんどんめちゃくちゃになっている。
スタッフ同士は仲いいですけどね。
それぞれのスタッフと所長がね・・・。

外注のT田さんが徹夜して(いきなり「明日の昼までに仕上げ表を!」と言われたらしい)せっかく作った仕上げ表に細かく難癖をつけ、結局締め切りは夕方まで延びたものの、横にべったりで口頭で指示。徹夜の前にそれをしてれば良かったんじゃあ・・・?

「この状態って何かに似てるなあ」と思ってたら、ほらパソコンで、声で入力できるのあるやん。文字打ってくれたりさ。あれに似てるんだ。所長の音声で仕上げ表が書かれていくの。うちの所長はそういうのが好きなんよ。口動かすだけで作業になるんやもん、そりゃ楽よね。でも私達は機械でもロボットでもないからさ、何時間も続くと精神的にこたえるよ。

所長を見てて思うんよ。
「この人、手を動かさないなあ」って。
自分のやりたい作業になったらいきなりトレペ持ち出して描き始めるけど、それも絶対誰かの描いた図面を下敷きにしてのこと。ゼロからは考えない。もともとそういう人なのかな。作るものはどれもすごいけど。(この学校は例外) 逆に、「口だけでも建築はできるのだなあ」とも思う。私はそんなん好かんけどさ。


大学時代にT中先生に言われた「手を動かしなさい」「線を引くことを怖がってはいけないよ」という言葉を思い出す今日この頃。ものを作る人が手を動かすことを忘れたら終わりなのかも。

誰かが(これもT中先生?)「建築家の力量は、それまでに何kmの線を引いてきたかによって決まる」と言ってた。別にわたしは建築家にならないけど、これからも線を引き続け、手を動かさなければ。

本当に所長を見てるといろんなことを考えさせられます。しんどい職場だけど、反面教師から色々得られるということは自分にとって無駄ではないと思う。
[PR]
by ikue-551 | 2006-05-12 00:40 | 建築・デザイン