いきあたりばったり。


by ikue-551
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

旦那が勤続20周年てことで、5日間の休みをもらいました。
(これだけ読むと一体いくつだよって感じやね・・・高卒の39歳なので20年。)

せっかくだからと旅行する事に。
私の休みの都合上、3泊が限度。北海道、湯布院、指宿、東北といろんな候補が出たけど、結局関東方面に行く事になった。ふつーやのう。

夜出発→1日目:ディズニーランド(ツテで安いチケ入手)
→2日目:月島でもんじゃを食べ、横浜で劇団四季のキャッツを見る(これもちょっと安めのチケ入手)
→3日目:河口湖へ。富士山を見る。
→4日目:未定。帰ってくるついでに何か見る。夜、家に到着。

って感じで決めて宿の手配。
じゃらんで結構有名なホテルが安く出てるのを見て、電光石火で押さえる。
わたし、なんかこーゆー仕事向いてんじゃないのか。ツアー組んだりとか。

1日目、ディズニーのオフィシャルホテルに泊まる。
普通の7割引。わはは。
チェックイン時に「スイートがあいておりますがいかがですか?同じ料金で結構です」と。ほんなら頼みます〜と軽く言ったのだが・・・

このホテルで一番広い部屋だった。
d0033333_11283883.jpg

メインの部屋、書斎、寝室、キッチン、水回り(トイレ2つ)。
豪華すぎてもうラブホにしか見えないよ。(←ホテルの人に謝れ)

とりあえず図面に起こしました。
メジャー持ってないからアレだけど、スケールはだいたい合ってると思われる。
d0033333_1130087.jpg


貧乏人だもんで、使わない部屋の電気はすべて消した。
落ち着かない。
全く落ち着かない。
畳が恋しい。
あまりにも広すぎて、東京にいる友達呼んでここで宴会できるやんと一瞬思ったがやめた。


次の日はもんじゃ食べて横浜に移動、キャッツを見た。
2回大阪で見てるけど、うん、何回見てもいい。
旦那は初ミュージカルやけど「面白かった!」て。しかも猫の名前ほとんど覚えててびっくり。

翌日、河口湖の方に移動。
ランチは「山麓園」という炉端料理の店。
d0033333_11334138.jpg


こんな感じ。つぼには秘伝のたれが入ってて、これにつけながら焼く。



魚とか、運ばれて来た時はまだ生きてたのよ〜。
肉も魚も野菜も厚揚げもこんにゃくも、めっちゃおいしくてホクホクで柔らかい。
d0033333_11335365.jpg

d0033333_11332670.jpg


コースの締めはほうとうです。
これもありえんくらいのおいしさ。これで1人3000円以下とは!
d0033333_1134231.jpg

宿泊は富士山の見える温泉宿。

で、最終日は何しようかな〜と悩んでたけど、旅に出る前日に会社の先輩に言うと
「そっち方面行くならぜひガンダム見て来て!俺まだ行ってへんねん」
はて、ガンダム?
調べると静岡ホビーフェアとやらで原寸大ガンダムがおいてあるとか。

旦那に言うと「その手があったかーーー!!!」
家を出発する数時間前に場所、駐車場やらを急いでチェック。
ネットって便利だね。

と言う事で最終日はガンダム。
私一切興味なし。
というと「じゃあカメラ担当して」と言われた。
旦那よ、君は何を担当するのだ?

d0033333_11554896.jpg

d0033333_11570100.jpg


いかにカッチョよく撮るかと言う事ばっかり考えて、いろんな構図で撮ったら楽しかった。
はしゃぐ旦那(彼氏)に、つき合ってあげる妻(彼女)という組み合わせが多くておもしろかったぞ。男性一人の人も多かった。
キャッキャとはしゃぎ、少ない小遣いから限定のガンプラを買う旦那。
そのショップに入るために45分並ぶ旦那(←まだすいてた方・・・っていうか、ディズニー行った後やから普通に思える)、そして周りの人たち。
なんていうか、ガンダム世代ってすごいわ。情熱が。

帰って来てから同僚にガンダム見て来た!というとめちゃくちゃうらやましがられたって。皆好きなんやなあ。
[PR]
by ikue-551 | 2010-10-27 11:51 | 日々のこと
むふふふ、ついにマッキーのコンサートに行ってきたど!
思えば小学生の頃、私が初めて買ったシングルは「どんなときも」、初めてのアルバムもマッキー。歌詞を見ずに歌えない曲はないくらいでしたね。

でもなぜかコンサートには一度も行った事がなかったので機会を伺っていたところ、なんとオーケストラとコラボするって言うじゃないのさ!
しかもデビュー20周年ライブ!こりゃ行かなくちゃ!

ってことでなんとかチケを入手、旦那とともに大阪城ホールへ。
ちなみに旦那は特にファンではないけど、それなりに曲は知っててまあまあ好きだよ、と言う程度。

ステージの説明をしますと。
アリーナ席に向けてマッキーが立ち、その後ろに背中合わせの形でオケの指揮者が立つ。
その二人をオケとバンドメンバーがぐるっと半円を描いて囲む。その後ろには龍谷大学のコーラス部の皆さん(70人くらい?数えてないけど)で、さらにそれをグルッと囲むスタンド席。
私はスタンドの斜め後ろ側でした。
マッキーは背中しか見えないけど、指揮者の顔が見れて会場の雰囲気も一番分かりやすい場所。なかなかおもろそうですな〜とワクワク。

で、オケのメンバーから入場、ほんでコンサートマスター、バンドメンバー、指揮者入場。
演奏が始まって、後方よりマッキー登場!大盛り上がりの場内。

前半はどっちかというとおとなしめの曲で、「後半に向けて体力温存してください」とのこと。
でも温存なんかできないやい!
マッキーの裏声、すげっ!とそんなとこにも驚いたり。

隠れた名曲「花水木」、デビュー曲「NG」「北風」などで盛り上がり、
「北風までは地元大阪を何となくイメージして作ってました。
 で、次の曲は上京をテーマにしたものです。正直、力抜いて作ったんですけど
 いろんな人にカバーされ、愛される曲になりました」と。
そう、「遠く遠く」です。生で聴くとなんか泣きそうになった。

マッキーは一時期、上京の曲を作ってたんですわ。この曲が代表やけど、私は「東京Days」もおすすめですね。特に上京されている人には。この曲をレコーディングしている時に、地方から出て来たばかりの若いスタッフが聴きながら号泣したと言う逸話があるくらいなので。

「君は僕の宝物」なども歌い、前半終了。
後半はいきなり「世界に一つだけの花」から始まり、客総立ち。

ちょっとマニアックな曲を挟んで「皆の知ってる曲、メドレーでやりますね」と
「もう恋なんてしない」「GREEN DAYS」「どんなときも。」を。
ああ、ありがとうございます。なんて豪華なメドレー。

そこからは比較的新しい曲を歌って、アンコールで終了。
お腹いっぱい、ごちそうさまでした。

オーケストラやコーラスだけでも聴く価値ありよ。
演奏を楽しんでもらうためか、あまりメドレーがなく、一曲ずつじっくり聴けました。
しかも、今回オーケストラ用にマッキーの曲をアレンジしたのは、なんとスキマスイッチの常田さん。残念ながら会場には来てなかったけど。やるな、スキマ・・・。

マッキーはトークも面白いし、派手な演出はないんやけど「存分に楽しんで帰ってもらおう」って言う気持ちがすごく伝わって来てね。旦那も「マッキーのコンサートならまた行ってもいい」だって。何その上から目線。マッキーのチケットはプラチナなのよ!


このコンサートで一番うれしかったのは、「太陽」という曲を聴けたことでした。
マッキーが逮捕されたあの事件の後、彼が復帰作として出したアルバム「太陽」、その中に入ってた曲なのです。

マッキーと言えばラブソングだったのが事件の後は一変して、人生とか生きる事をテーマにする事が増えて。(とは言え、そんな難しい題材をポップスの域でわかりやすく表現するマッキーはすごいと思う)
この「太陽」という曲はその典型で、
大雨に降られて何もかもを捨てそうになったけど、太陽の美しさを思い出して黙って雨を耐えた。気づくと雨が上がって温かい太陽が顔を出していた。いくら隠されてもそこにあるものは変わらない、受け止める側の気持ち次第なのだ。でも今思えば、あの雨がなければ気づけない事も多かったな・・・
って感じの曲。
(ごめん、情緒のない説明で。よければ歌詞検索して。100倍素敵ですから)
動画貼っとこ。6年前にもオケとコンサートしてて、その時のやつ。


「雨」をあの事件、「太陽」を音楽、または彼の友人や家族、と当てはめると・・・この曲がファンに絶大な人気を誇るわけがわかっていただけるかと。この曲を聴いたとき、ああ、もうマッキーは大丈夫だなって私は思えた。この曲は待ってたファンへのご褒美でもあったのかも。

ちょっと私だけしんみりしつつ、昔のマッキーの曲も、今のマッキーの曲もどっちも楽しめるコンサートを極限まで堪能しました。
家族連れも多かったのが特徴かな。
また行かなくちゃ〜。
[PR]
by ikue-551 | 2010-10-12 21:59 | 音楽
ある朝のこと。
出勤した私は会社の玄関で同じ設計部のOさんと遭遇。
挨拶しながら一緒に部屋へ。

Oさんの席は私の近くなのだが、私らが席に着くと隣のオヤジが
「Oさん、危なかったでえ。あんた死ぬところやったで」

彼曰く・・・
Oさんの席はすぐ横に壁があり、その上には高窓がある。
幅3000、高さ700ってところ。
その高窓には同サイズの網戸が取り付けられている。網戸はFIX。

そのごっつい網戸がつい数分前に落ちたのだという・・・!

オヤジは続ける。

「Oさんおったら確実に頭に落ちてたわ。頚椎損傷とかなってたかもよ~。
(これは大げさ、せいぜい3針縫う、とかかな)
ほんでその網戸、壁に両面テープでくっついてるだけやってん。
そら落ちるわな。」

ななななな、なにーーーーー!!
ほんとだ、両テだ!!

わが社には工事部とアフターメンテナンス部門があって、自社内の工事もたいていこなしてしまうのだけど・・・施工部隊を持ってるとは思えないお粗末ぶり。
いや、商品である住宅はちゃんと作ってます、ほんとに。
[PR]
by ikue-551 | 2010-10-06 11:15 | お仕事