いきあたりばったり。


by ikue-551
カレンダー

<   2007年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ドン引きです

セクハラ上司と、その下の上司と、女の子の同僚と私の4人で現場に行きました。
セクハラ上司の運転する車で。

セクハラと言っても、この人のは言葉だけやけどね。
その分、自覚がないんやけど・・・。
けどだいぶ減ってきたよ。辞めた先輩が総務に暴露したからだと思う。

というようにこのごろは安心してたけど、
車の中でぼーっとしててふと気づくと、運転席のセクハラ上司と助手席の上司がなにやら盛り上がっている。私と同僚は話に入ってませんが、その一部始終をどうぞ。


「子供にな、『お父さんセクハラするん』て聞かれてん。」とセクハラ上司。
「ほほう。」ともう一人の上司。
「しまくりや、と答えた」
「あっははは!」
(あ・・・自覚あるんや、と私はちょっとうれしいやらムカつくやら。)

「『どんなふうに』って聞くからな」
「ふんふん」
「こんなんやら(と胸を片手でもむ仕草)、こんなんやら(とお尻をなで上げる仕草)」
「ぶあっははははは!」


・・・・・・・・・・・私と同僚、ドン引き。


いや、いいんよ。こんな話ぐらいしてもいいと思うよ。冗談なんやし。
それ自体はいいねん。

でもうちらにおもしろおかしく話すならまだしも、
このシチュエーション(私達にも聴こえてると分かってるのに、男性社員同士で盛り上がる。しかも車という密室の中)は一番微妙ですよね・・・。

この笑ってる上司も微妙だけどねえ。
前にこの人に「だいぶセクハラ少なくなったんですよ」と話したとき、
「ちなみにどういうセクハラがあったの?」と聞かれて、あまり言いたくなかったけど仕方なしにいくつか例を挙げたら

「うーん、まあそういうのは、社会人なんだし笑って受け流して」

・・・・・・受け流す限界を超えて、退職に追い込まれた女性社員もいるんですけど。
「受け流さないとダメなんですか?」と聞くのもあほらしい。
所詮男性社会か。
若い女の子に何言っても傷つかないとでも思ってるのかな。
何に対しても笑うんだと思ってるのかな。

少しずつでも自分たちが働きやすい環境にしたいけど、
やっぱりえらそうに会社や上司にそういう事言おうとすると
誰からも後ろ指刺されない程度には仕事ができるようにならなくちゃ、とか思う訳よ。
その考えも間違ってるけどね。
ダメなものはダメなんだから。言って構わないんだから。

でも結局言えない私達。

どうしたらいいんでしょう。
[PR]
by ikue-551 | 2007-05-31 23:39 | お仕事

ゴッホと叫ぶ女

今日は会社は定休日。月一の連休なの。
この連休の目玉は、舞台鑑賞でございます。

三谷幸喜脚本・演出「コンフィダント・絆」

d0033333_0103421.jpg


三谷節炸裂って感じ。
ホントよく笑ったし、よくしんみりした。

舞台はパリで、画家4人と、絵のモデルの女のお話。

ゴッホ→生瀬勝久
ゴーギャン→寺脇康文
スーラ→中井貴一
シュフネッケル→相島一之
モデル→堀内敬子

というキャストでした。
堀内さんというと、劇団四季出身の人で、最近では有頂天ホテルに出てたね。松たか子の同僚役。
これは芝居であってミュージカルではないけど、彼女だけは劇中に何度か歌うシーンがあります。その歌声の美しいこと。ほれぼれですよ。

画家は、正直後の二人は全く知らない・・・・。
ゴーギャンも何となく名前は、って程度。
まあ何も知らなくても楽しめたよ。

ひたすら、ただひたすらゴッホはうざかった〜。
才能があるのに悲観的な生瀬ゴッホは、みんなに迷惑ばかりかけるのです。
もう生瀬さんにしかできないあのアクの強さ。

寺脇さんもステキでした。
なんていうのかなあ、舞台映えのする俳優と言うか。
この人の魅力は、テレビや映画よりも舞台でこそ発揮されるのではないかしら。うまく言えないんやけど、演技力があるのはもちろんとして、間の取り方とかちょっとしたセリフでも客を笑わせられる俳優。脚本以上のことをどんどんこの人は生み出してるんだろうな、と一番感じさせられたわ。

昔から三谷組だった相島さんは、役にぴったりはまって当然として、
意外だったのは中井貴一。
この人のセリフや動きでこんなに笑ってしまうとは。
正直そんなに好きな俳優じゃないけど、新たな一面を見た感じがしたよ。
この中井貴一見るだけでもお金払う価値あったかも。

話は最後、結局この4人の友情が消えてグループ解散ってところで終わるんだけど
(というか、芸術家同士のあいだに元々友情なんてなかったという結論なんだけど)、
結構しんみりして「ああなんか後味悪いかも」と思わせといて、これで終わりかと思いきや、やっぱりおまけ的にほんのり温かくなるようなエピソード(グループ結成当時の様子。解散した今となってはちょっと切ないけど)を持って来て、ちょこっと生瀬ゴッホのセリフで笑いを取って終了。
バッドエンドで終わらせないあたりが、さすが三谷幸喜って感じだ。


そして、カーテンコール。
堀内さんがでてきてお辞儀、そして4人の画家たちを呼ぶ。
4人が出てきてお辞儀。

すると・・・・・

「ゴッホ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!」

と絶叫する女性客の声が・・・・・。
なんですのん、あんた。
生瀬さんファンですか?それともゴッホマニア?

他の俳優がお辞儀する時も、横で生演奏してたピアニストが喝采を受けるときも、ひたすらその人は
「ゴッホ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!」
でした。生瀬さんを含め、舞台上の俳優さんたちも他の観客も苦笑いで。

でもあれはちょっとマナー的にあかんわ。
一人一人俳優がお辞儀してる時も、ひたすらゴッホコールだったから。
失礼でしょ〜。

けど、これはもしかしたら数多くの三谷作品のなかでも最高傑作かもしれん。
ミタニストの人、もしくは舞台好きな人、これは必見です。
そして今後大阪公演に行く人、ゴッホ女がたぶん客席にいますので(彼女は常連でしょう)、それも含めて楽しんできてください。
[PR]
by ikue-551 | 2007-05-30 00:45 | 映画・舞台

次は誰だ。

新潟での結婚式に行ってきました。
ブーケもらったの〜。
最近はゲーム形式で勝った人がもらうことが多いけど、
今回は正統に、新婦が後ろ向きに投げたのを受け取るという形。
ま、一度に三つのブーケ投げたから、もらえる確率は結構高かったんやけどさ。

d0033333_2211192.jpg


ブーケを受け取ったので、次は私が結婚します。
そのはずです。
きっとするはずです。
予定もその気もないのに何言ってんでしょう・・・。
ちなみに・・・U井さんもブーケもらってました。あは。

帰りは、空港についたらANAの大阪行きが欠航になってた・・・。
日本全国、ANAはえらいことになってたようで。
私はJALを取ったから大丈夫やったけど。

でも時間はそんなになかったから、結局新潟観光もできず
長谷川逸子の建築ひとつ見ただけで。
地元の料理も食べてないしねえ。
今度はゆっくり行かなくちゃ。
[PR]
by ikue-551 | 2007-05-27 22:13 | 日々のこと

飛ばない豚はただの豚。

明日の朝、新潟に旅立ちます。友達の結婚式です。

まだ準備も済んでないからこんなことしてる場合じゃないけど。
電車の時間調べるはずが、ついついブログってしもたわ。


いまテレビで「紅の豚」やってるよ。
いいわー、実は結構好きやねん。
なんかオトナの話って感じで好き。

ジブリ映画のキャッチコピーは糸井重里が考えてるらしいんだけど、
この映画のキャッチコピーは

「かっこいいとはこういうことさ」

ぐはー、すてきだ!

舞台もいいよね。
アドリア海行きてえ〜〜。
[PR]
by ikue-551 | 2007-05-25 22:15 | 映画・舞台

「眉山」を観ました。

今日は休みなので、難波までお出かけ。
お昼休みで職場を抜けてきたEみちゃんとランチして、
ホットペッパーのクーポンでジェラートも頂いてしまいました。
しかも器に大盛り。(←?)うれしいわ。

ほんで、映画を見ましたよ。
今日は松嶋菜々子と宮本信子の「眉山」。
特に松嶋のファンではないんやけど、今やってるやつで見たいのはバベルとこれしかなくて。

舞台は徳島。
クライマックスのあたりで阿波踊りが出てくんのね。
ほんまに本場の人が踊ってるからすごい迫力。あれですか、徳島の人は皆あの柔軟な動きができるんですか。だとしたらすごいですよ徳島県民は。

もー俳優陣の中では、なにをさておき宮本信子です。
前半のチャキチャキした演技からうってかわって、
後半は入院中に病状が悪化して、ほんとに別人のような印象。
女優ってすごい。
メイクとか髪型の力もあるけど、やっぱりこの人の演技力なんやわ。

ストーリーは、父と母の昔の恋愛を娘が知っていくというものです。
お母さんは元々江戸っ子でいさぎよい性格なので、
若い頃の秘めた恋愛が余計に切ないという感じで・・・。

とにかく宮本信子が良いです。
もうそれ以外言えません。

あと、金子賢の阿波踊りが見たい人はぜひ見に行ってください。
(いるのかそんな人)
格闘技やめて結局また俳優に戻ったのね。ま、がんばれ。
[PR]
by ikue-551 | 2007-05-23 22:17 | 映画・舞台
こないだの施主との打ち合わせの議事録を作って上司に提出したんやけど、
その中のしょっぱな、「先日」という言葉に上司は言った。

「『先日』は3日以内の場合。今回は一週間たってるから『先般』で。」

・・・・・・ほんま?
ほんまですか?
どなたか知ってます?

へえ、と感心してすぐヤフーの辞書で調べたら全くそんなこと書いてなくてさー。他のサイト見ても、「先日」と「先般」は同義語なのよ。
いや、別にネットに載ってないから上司は間違ってる!とか言ってんじゃなくて。

この人、しょっちゅう難しい言い回しするんやけど、
「そんな言葉、普通使わんやろ」とか
「古典の授業でしか聞いたことない」とか
「それ、微妙に間違ってない?」って感じの言葉をよく使うの(笑)

先輩なんて、会話の中で「なかんずく」って言われたんだよ・・・。
調べてみたら「中でも」「とりわけ」の意、でした。

この人・・・変やわ。
年配ならまだしも、この人41歳なんだけど。
こんな言葉ばっかり会話に出てくるよ。(仕事の話の時だけね)

こないだ、この人に「この天井高は恣意的でしょ」って言われて
「恣意的・・・??はて、どういう意味だ?何か知らんがうなずいとこう」
と思って曖昧に返事して、後から調べてみたら

「その時々の思いつきで物事を判断するさま」

・・・・・・・カッチーン

も〜はっきり言うてほしいわあ。


でもおもろいから許すわ。
[PR]
by ikue-551 | 2007-05-22 01:20 | お仕事

和みたい

仕事の上でのストレスというのは、知らん間にけっこう溜まってくる。
気づくとイライライライラ・・・・・・・。

これではいかん!ということで、机になごみグッズを置こうと思って
おもいついたのが「うなずきん」。

d0033333_131651.jpg

なんか、話しかけると頷くらしい・・・。

d0033333_13062.jpg

これ、ゴチバージョン。
岡村さんのが欲しいわ。


ほんで、嫌なことがあったらうなずきん買って置くねん。
嫌なことがあるたびに一個ずつ増えていくねん。
「ああ、ikueさんまた一個増えてるわ〜。疲れてはるわ〜。」みたいに。

女性陣の間では、
「今日は朝っぱらからうなずきんやったんやけど〜!」
という言い回しになりつつあります。
(訳:今日は朝から嫌なできごとがあったわ )

明日買おうかしら。

ま、これまでの職場に比べたら大したストレスちゃうけど。
うなずきんとか言ってるうちは全然大丈夫。
[PR]
by ikue-551 | 2007-05-19 01:39 | 日々のこと

どうぶつの森

もうブームから軽く一年半くらいたつけど、
DSの「おいでよ どうぶつの森」をやってみたの。
妹の大学の仲間うちで流行ってるらしい。

ご存じない人のために簡単に言うと、どうぶつの森で家を建て替えたりしつつスローライフを楽しむもので、敵を倒したりとか流血したりとかマリオが跳ねたりとかはない、ほんとにたわいもないゲームだ。

で、 村に引っ越して役場で手続きし、
「地図を見ながら自分の家まで行ってください。すでに○○さん(妹)が住んでます」
と言われる。
てきとーに歩いてると、一軒のあばら屋を発見。
暗いし家具もないし何だこの小屋は、よし唯一置いてあるラジカセをパクってやれ。

と思ってパクり、そこで改めて地図を見ると、
そこは私の家だった・・・。
こ、こんなあばら屋に私が住むのですか・・・。
ラジカセは妹の物でした・・・すぐ元に戻しときました。

で、こんなあばら屋のためにもローンを組んでお金を返すわけで、(妹と一緒に。)
どうやって金を稼ぐかと言うと
木の実を採ったり魚を釣ったり貝を拾ったりして、それを売るのだ。
究極のスローライフだ。

今日家に帰ってきたら、(どうぶつの森の話でなく、現実の話で)
妹が「もう家のローン払ったからね。ほんまもう誰も払わんのやから!(昨日から母もやってる)
これからはしっかり払ってや!」と怒ってた。
いやん、そんなに怒らなくてもいいじゃない。

ローン払い終わったので、家のグレードが上がるはずです。
そしてこの家族は更なる借金地獄へと・・・。
恐ろしいゲームだよ。

ま、そんなことをしつつも、博物館に行ったり化石を掘ったり、
コーヒーを飲みにいったり村民と触れ合ったりと、結構いろんなことができるのよ。
家具も服も買えるしね。
思ってたよりおもしろいよ、これ。
[PR]
by ikue-551 | 2007-05-15 00:07 | 日々のこと
もう1級の申し込み始まってるんやね。
仲間うちのブログでも、ちらほらと「申し込みました」という話が。
あと二か月頑張ってくだされー。


ところで。
今日出勤する時に、駅の前の広場を歩いてたら
ざわざわとした中で何か言葉が聴こえる。


何気なくそっちを見ると、中年のサラリーマンが歩いてて、

ケータイで話すでもなく、

誰か横にいる人に話すでもなく、

ホントに独り言で

「てめえ、マツシタこのやろう、消えやがれ!
とっとと会社辞めろこんちくしょう!!
ほんっとにムカつくんだよてめえは!」

と大声で言いながら歩いてた・・・・・・・・。

こわ!!
いろんな意味で怖いって!!
しかも怒りすぎてこの人、関西弁じゃなくなってんねんよ。
(いや、関西人じゃないのかもしれんけどさ)

病んでるなあ。よっぽどのストレスをお持ちなのね。
もしかして独り言いってることにも気づいてないのかもよ。

ほんで、会社についたらそういう気持ちを全部抑えて
マツシタさんとにこやかに「おはよう」とか言ってんのかも。
怖い〜〜〜怖すぎるよ!

うちも気づいてないだけで、
事務所にいた頃は毎日駅で叫んでたのかもしれない。
「所長〜〜!うざいねん!」とか。
ひゃーーー。
皆さんもあまりストレスを貯められませんようお気をつけ下さい・・・。
[PR]
by ikue-551 | 2007-05-11 22:37 | 日々のこと

ストリングス

映画見に行きました。「ストリングス」を。
ツヨポンとか慎吾とか優香とかが声優やってるやつ。

あやつり人形を使ってることとか、頭から出てる糸が切れたら死ぬとか、そういう設定がおもろいなと思って見たくなったんやけども、いやーものすごいクオリティですよ。
CGとか一切使ってないらしいのね。
だから背景は全部セット組んであるやつなんやけど、なんて言うかなあ、「宮崎アニメ(といっても昔のね。ナウシカとかラピュタとか)の世界を実写化してみた」ってくらいの美しさと、リアルなようでファンタジーな、不思議な感じ。

人形の動きもホントすごくて。
ツヨポンの声の人形が敵に足から逆さに吊るされて、それから逃げようと腹筋するみたいに上体を起こそうとする時の様子が、冗談抜きでホントの人に見えた。
おそるべし・・・。

でも人形のまぶたや目は動くけど、口は動かない。
だから、体の動きの人間くささとは逆に、表情はいたって人形なのだ。

そう考えると声優さんたちはかなり苦労したと思うのだけど
それを感じさせないところがやっぱりさすが。
キャストは、ひたすら「ええ声やなあ〜〜」とうっとりしてしまう人ばかりですよ。

ツヨポンに中谷美紀、市村正親、小林克也(Sma Stationのナレーションの人)、伊武雅刀、そして戸田恵子。なんなんでしょう、あの戸田恵子さんの声の美しさと色っぽさ・・・。ほんまステキでした。優香も劇団ひとりも、思ってたより良かったよ。

ただやはり慎吾ちゃんはどうだろう・・・・。
どこまで行っても「慎吾の声」でしかなかった気が。
悪役には合わない人だよね、あの人。
「無邪気な青年役」とかならきっとハマるんだろうに。

話はめっちゃシンプルで分かりやすかったし。
人物もそんなに多くないから頭に入ってきやすい。
そして何よりその世界観。一見の価値ありです。

これを映画館で見れて良かった。
バベルとどっち先に見るか迷ったんやけどねー。
[PR]
by ikue-551 | 2007-05-09 21:31 | 映画・舞台