いきあたりばったり。


by ikue-551
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2005年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

三丁目の夕日

映画見てきました。
「ALWAYS 三丁目の夕日」です。名作ですよ、これは。

この時代(舞台は昭和33年)を知らない者としてはあんまり感情移入とかできないんじゃないかと思ってたけど、セットの精密さとCGのすばらしさと、そして子役を含めて芝居のうまい俳優ぞろいなので、そこを見るだけでもう大満足っすわ。

もちろんストーリ−もよかったよ。何もない時代なのにみんな幸せそうなの。常に将来に対してどこか希望を持ちながら生活してるのよ。(映画の中でもそうやし、実際もそう。)
出来上がってしまった時代に生まれた私らには絶対に分からない感覚や。むしろそれをうらやましいとさえ思う。だからこそこの映画が支持されてるのかもしれないな。

キャストでは、「嫌な人の役に初挑戦」の吉岡秀隆が良かった。
初挑戦とか言われてるけど、私的には「北の国から」の純のほうがよっぽどずるくて嫌なやつだったけど。まあ今回はだんだんいい奴になるんやけどね。
しかし吉岡は「ちょっと情けない、どこにでもいる30代の男」を演じさせたら、右に出る者はいないと思う。あの年代の役者ではずば抜けてる。

あと堤さんも良かった〜。薬師丸ひろ子も、小雪も。
ほんで堀北真希(野ブタに出てる子)、この子はうまい。
ほかにも三浦友和、もたいまさこ、須賀健太などなど。
吉岡が主人公やねんけど、それぞれの登場人物全員が主人公って感じでした。

映画として見たら、カメラに写らないセットまでもがめっちゃ精密に忠実に作られてる一方で、大通りや上野駅が大掛かりなCGでつくられてるのはおもろいと思う。
ちなみにCGは、ただ作って合成してるんではなく、ミニチュアを作ってそれを写真に撮って、フォトモの様にCGに貼付ける方法をとってるそうな。映画としては新しいやり方みたいよ。

でも何が一番おもろいって、監督がこの時代を知らない若い人(40くらい)やということかしら。
それと、場面場面から自然と感じ取れる、俳優陣とスタッフの情熱。楽しんでものづくりをしてるのが伝わってくる。

も〜とにかく見に行ってみて!
[PR]
by ikue-551 | 2005-11-24 00:14 | 映画・舞台

一級語呂合わせ

この前の日曜に構造の授業をうけて、訳わからなさにしばし呆然としてしまった・・・。多分教室で最初に眠りに落ちたのは私ですよ!(何いばってるのさ。)

今日電車の中ですこし教科書読んでて、これはまた語呂合わせを考えなくては、と思い、Sら子ちゃんを見習って私も考えた。

室の種類別の、積載荷重について。
(順に床、骨組み、地震力で。単位はN)


教室:兄さんと(2300)兄さんと(2100)井伊さん(1100)←誰だ、井伊さんって。

百貨店または店舗:百貨店で肉(2900)と西陣織(2400)とイミダス(1300)を買った←どういう買い物だ・・・。

廊下:身ごもった(3500)ミニーちゃんが(3200)廊下でニイッと(2100)笑った←なんか想像すると怖いんですけど。


この三つはよく出るみたいね。あとは倉庫か。
こうやってブログに書くと実は忘れにくかったりする。
前書いたのもちゃんと覚えてますよ。
[PR]
by ikue-551 | 2005-11-23 01:40 | 建築・デザイン

Mac4台。

今夜は飲み会でした。
所長と、スタッフの兄ちゃんと、外注のお兄さんと、Sら子ちゃんと私で。大阪では結構有名なカーニバルプラザという所へ行きましたとさ。

ひたすら肉をむさぼる若いの3人と、無口に店内を観察する外注兄さんと(店はたしか若林広幸の設計。多分改築だけど)、ひたすら肉を焼き続ける所長。もうお腹いっぱいです。所長、ごちそうさま〜。

ところで、いま私ら2人は印刷をひたすら頑張っている。
そのために、Mac3台、プリンター2台がフル稼働しておる。
d0033333_0251199.jpg

奥のがSら子ちゃんの使うG5
右のが私のeMac
その左のが20インチモニタ、
手前左がiMac
右のが、今回出番はないけどノリで置いてみたSら子ちゃんのPowerbook

なんだか時代の流れを感じるよ。
たった数年でパソコンのデザインはかなり変わるのだなあ。
だけどiMacに関しては、私の持ってるやつの方が好きだわ。首の動き具合がたまらんのよ。
[PR]
by ikue-551 | 2005-11-20 00:32

眠い。

今日S合資格で始めて授業を受けたんやけど、もう眠いのなんのって。
今回はライブ講義じゃなくてビデオやったんよね。
「絶対寝るな」と予想してたけど、まさか始まって30分で眠りに落ちるとは。

この慢性的な寝不足、どうにかならんかね。
まあこんなん書いてる間に寝ろっちゅう話なんやけどね。

睡魔に襲われたときに効くツボとかないもんでしょうか。

そして、早くも音響と照明あたりでつまずき気味・・・。
[PR]
by ikue-551 | 2005-11-14 02:32 | 建築・デザイン

12人の優しい日本人

今日は仕事前にチケットぴあに寄った。
三谷幸喜の舞台「12人の優しい日本人」のチケットが欲しかったので。一緒に行く予定のmochikuma嬢は仕事の合間をぬって電話予約をしてくれる予定で、わたしは直接店で買おうと。今日から発売なんよね。

ぴあが開く10時に着くと、すでに多くの人が!
ここはオフィス街なのに土曜日にこれだけの人がいるとは・・・。
「まさ全員『12人〜』のチケを狙ってるんじゃあるまいな」と疑心暗鬼にとらわれるも、よく会話を聞いてると「新幹線の切符ください」とか言ってるし。

そんなもんJRの駅で買ってくれませんかね?店の外に新大阪駅が見えてるよ。アンタが切符を買ってる間にも、舞台のチケは売れ続けているのだよ。

10時19分
窓口の順番が回ってくることもなく、わずか19分で大阪公演のチケット完売。mochi嬢も取れず。
三谷人気を改めて感じました。

いいもん。来月は劇団四季見に行く予定やし。(←と負け惜しみを言う。)
[PR]
by ikue-551 | 2005-11-13 02:29 | 映画・舞台

本町の事務所にて

今日、久しぶりに本町の事務所に顔を出した。
先月まで行ってた、M田さんに紹介してもらった事務所ね。
仕事が全くなくて切られてしもたんやけどね。

ここ数日気持ちの振幅が大きくて少ししんどかったので、
気軽に話できる所長と会いたくなってさ。

相変わらず仕事はさっぱりないようだったけど、
「なんか仕事入ってたら呼んでください。今の事務所とっとと辞めてこっちに来ます」
と言ったら「うん、もちろん呼ぶつもりやでえ。」
と、あたりまえやん?みたいなニュアンスで言ってくれた。

(元)上司に言われてこれほどうれしい言葉は他にないね。

あとは事務所に仕事が入るかどうかだ!
頑張れ所長!
ついでに、頑張れわたし!
[PR]
by ikue-551 | 2005-11-10 02:25 | お仕事

始めました

mixiとやらを始めることにした。
ブログもやってるしな〜と躊躇したんだけど。
でも皆やってるしね。楽しそうだし。

あっちの日記と両立しようかとも思ったけど、
しばらくはリンク張って様子見よう。

やっぱり文章はこっちの方が書きやすいのよね。
スキンも可愛いしさ。
[PR]
by ikue-551 | 2005-11-10 00:06
帰りに「喜八州総本舗」でみたらしを買った。
大阪では有名な有名な和菓子屋さんだ。特にみたらしは、知らない人がいないくらい。

この前「HEY!HEY!HEY!」で藤井隆が紹介してたようだね。
もうここのみたらしを食べたら他では食べれないね。


d0033333_22542777.jpg

パカッ。
おお〜つやつや!
これで370円。
安〜い!安いよ安すぎるよ小沢さん!






d0033333_22555916.jpg

ああまだほんのりあったかい。
いっただっきまーす。

うまい!うまいようますぎるよ
(もうええって)
もぐもぐ。




d0033333_22564618.jpg
団子というより、お餅のような食感。










d0033333_22574084.jpg
お前も食べたいのかい?
[PR]
by ikue-551 | 2005-11-08 23:08 | 食いだおれ

終電が・・・

学生の頃オープンデスクに行ってた事務所に顔を出しました。住宅特集のコラムを書いてる某建築家で、おそらく大阪で5本の指に入る人ではないかと思う。

今の状況を少し聞いてもらって、所長さんは2時間弱で用事で事務所を出て行きはったので、その後も所員さんとずっと話してて、2人が共通して言ってたことは
「事務所や所長に何も求めるな。そういう状況で自分がいかに楽しめるか、短いスパンで『今は(仕事上で)これを楽しもう』と思えるか。今の事務所でそう思えないなら、どの事務所に行っても同じだ」でした。悔しいけど当たってる。

一流どころ(大物の事務所とか、そうでなくても俗に「あの事務所はきついらしい」と言われるような事務所)で頑張るのは一つの方法であるけど、結局そこでのし上がっていく人はほんの数人。でもそういうところで働かないと本当の意味で「建築をやってる」わけではないと断言された。
アトリエにも2種類あって、どこかにボーダーがあるのだと。はじめから普通の事務所で働いて、楽しみながら仕事をし、そのボーダーのこっち側で高みを目指すのもそれはそれでありだと。一番駄目なのは、普通の事務所で働きながら、ボーダーのあっち側(一流どころ)と比べたり、むやみにそこを目指したがることだといわれた。(でもこっち側で登り詰めたら、ぱっとあっち側に転じていることもあるってさ。ごめん、こっちとかあっちとかわかりにくくて)

本当に「建築をやってる」人になりたいなら、ボーダーのあちら側の事務所で働くことは必須で、でも生き残る以前にほとんどが潰されるか見捨てられるような世界だし、今実際そういう事務所で働く所員の大半は、所長にとっては替えのきくロボットらしい。安藤事務所なんかまさにそうやって。東大卒ばかりとるのは、優秀だからじゃなく、ディテールがシステム化された安藤事務所では、その図面を描くのはおつむがいい方が事務所にとって効率がいいから、ただそれだけの理由なのだ。

それくらい建築家はシビアだし、本当の意味での所員になるには血のにじむような努力が必要なんやと思う。自分がそれだけの力と時間をそういう事務所で費やせるか?と聞かれたら、わたしは迷わず「できない」と答える。もう学生の頃のように闇雲に突き進めない。分別もついて、身の程も知ってしまった。自分がそこまでの器じゃないことは、自分が一番良く分かっている。

ただ、身の程を知ることと、建築に対する情熱が落ちてくることは全く別だ。
今、何となくやる気を持てない理由を、所長に押し付けては行けないのだと思い知らされた。「所長が話し合いの場を作ってくれない」「所長が全然働かない」と不満だったし、時々は私らは所長に言ってきた。それでも改善されないのであればもう辞めるしかないのかと思ってた。
所長にもう一度向き合って話をしてみて、それでも駄目なら自分がこの事務所でどう楽しむべきが、言い方は悪いけど自分のことを優先に考えてもうしばらく働こうかと思う。節目は次の6月。基本設計が終わるはず。ここでまだ事務所の状態が最悪なら、いくら自分が楽しめててももう限界かもしれない。とにかく今はここで続行しようかという気には少しだけなった。

でも最近すごく寂しく思う。学生のころのあの頑張りはどこから来てたんだろう?もういちどあんな気持ちを持てるんだろうか。
あの頃は、この人に認めてほしいと思う相手が2人いた。一人は遥か高みにいる人で(ていうかM先生)、わたしのエスキスを初めてほめてくれた人でした。もう一人はいつもわたしのほんの少し先を行ってる人。追いこし追い越され、お互いに最高のライバルだと思ってたし、その人がいなければ多分わたしはあんなに頑張れなかった。

卒業して、その2人とは離れた所で建築の仕事をして、初めて建築と一対一で向き合ったのかもしれない。まだどう向き合えばいいのかがつかめない。
何も考えずに製図のために何晩も徹夜したり、評価のためじゃなくただ自分が満足するために修士を頑張ったり、あのエネルギーはどこから湧いてたのか。もういちどあんな気持ちを持てるようにしないとなあ、なんて思いつつ会話に没頭するあまり



終電をのがしましたとさ。
アホや。でも結局戻ってきて、今こうして投稿してますが。
家までの珍道中話はまた今度。
[PR]
by ikue-551 | 2005-11-06 03:21 | 建築・デザイン
くしゃみの時の声っていろいろありますよね。
オーソドックスに「ハクション!」
カトちゃん風に「イッキシ!」など。

でも、Sら子ちゃん情報によると
芸人ほっしゃんの母親は
我々の想像からかけ離れた声を発するらしい。


「ハピネス!」と。


ハピネスって!ハピネスって!
「ハ」はええやん。
「ピ」も百歩譲って許そう。
「ネス」って何!?

今度からくしゃみの時はこう言おう。
とてもハピネスな気分になりそうだ。
[PR]
by ikue-551 | 2005-11-03 01:29 | お笑い