いきあたりばったり。


by ikue-551
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:建築・デザイン( 48 )

連休中もずっと出勤。
祝日関係なしの会社なんで・・・。

でも昨日と今日(5、6日)は定休です。火水。
昨日はどこ行っても混んでるし、近場でぶらぶらしようということで、
久々に行ってまいりました。
安藤忠雄の傑作・近つ飛鳥博物館!

d0033333_1311499.jpg


いやあ、何がびっくりしたって、こんなマイナーな博物館に
しかも3時と言う中途半端な時間にこんなにも車が!
まが玉作りだの、風土記の丘ウォークラリーだのをやってたので
こんなに人が集まった模様。

しかしながら。
この日に限って大雨で、それでも土砂降りの丘をうろついて博物館へ戻りました。
展示品の埴輪を見て、教育テレビの「お〜い!はに丸」を思い出した私。
ひんべえとか、神田くんとすみれちゃんとかなつかしい。

結論として、やはり近つ飛鳥は公園側から行くに限る。
車でシュバッと直接裏手の駐車場に着いても、何のおもしろくない。
公園の山道を延々歩いてやっと見え隠れし始める博物館を見たときの感動。
いいね〜。

こんどは晴れた日に行きましょう・・・。
なんでこんなに雨ばかりなの?USJも雨、白浜旅行も雨・・・。
来週金沢に行くんやけど、きっと雨でしょう。

チャンカレ食べて、一笑でお茶飲んで、自由軒のオムライス食べて、
蛇の目寿司でお寿司食べて、お土産に生麩買ってきて
という風に食べ物のことしか考えてないのであった。へへ。
[PR]
by ikue-551 | 2009-05-06 13:29 | 建築・デザイン

SDレビュー

SDレビュー見に行ってみた。
久々の展覧会。

正直「ああ似たようなもんばっかり〜」
と偉そうに思ってしまったり、
でも模型にぐっと引きつけられるものがあったり。

東京組で見に行った人います?
地形を利用してオーベルジュ作ってるのはちょっと新鮮だったけど。
建築としてはアレだけど、土木的な雰囲気もあって「お」って。


会場は大阪芸大。
家から電車で50分、さらにバスで20分。
私ここに入学しなくてよかった・・・遠い。

でも土曜に行ったのにいっぱい学生さんがいたのー。
我が母校も負けてらんないよ!

でもU井さんの結婚式でM先生に会ったけど、
「最近の学生は全然学校に来ないんだ。
 ゼミ室に入り浸るような事もあまりなくてね」
と、ちょっと寂しそうでした。
あかんぞ工大生!

帰りに芸大からバスですぐの近つ飛鳥博物館に行こうとしましたが、
もう4時半だったのでタイムアップ。
バスの本数が少なくてねえ。

近つ飛鳥、まだデジカメ持ってない頃に一回行ったのよね。
懐かしい〜〜。
[PR]
by ikue-551 | 2008-10-08 02:10 | 建築・デザイン

伊勢旅行

さて、久々の建築旅行。
今回は伊勢です。

まずは、伊勢の手前の「関宿」へ。
名前の通り、昔は宿場町として栄えた街。
東海道の宿場町の中で、唯一の重要伝統的建造物群保存地区(ごめん、あやふや。合ってるかい?)ですわ。普通に人が暮らしてます。
d0033333_22202587.jpg


まずはお昼ご飯!
おそばおそば!
サービスエリアでうどん食べたのに、そのすぐあとにまた食べちまった。
モチモチでおいしかったあ。
d0033333_22112016.jpg


こんな感じで、昔の町家が残ってんだけども
中を改装してオシャレなカフェになっとった。
ガラスは昔の波打ってるやつでした。
d0033333_22115832.jpg


一応マジメに建築も見る。
 昔の大きい旅籠が残ってるので中も見れるの。
d0033333_22122130.jpg

ああこの写真では良さが伝わらない。
手前の和室→坪庭→離れ→北側の庭(南からの光が全部植栽に当たってすごく明るい)という視線の抜けがもう素敵で素敵で!

鳥羽の展望台に寄って、すばらしい景色を堪能してから旅館へ。
温泉につかってから晩ご飯〜。
d0033333_22124021.jpg

d0033333_2213243.jpg

舟盛り(あわびが美味!)とサザエのつぼ焼きと・・・。
ほかにも鉄板でステーキ(激厚)とかウニの茶碗蒸しとか。
ああめっちゃ美味しかった!
きっと体重増えた!

で、翌日。
朝風呂なんかも楽しんでから伊勢へ。
d0033333_22132569.jpg

なんだか問題を起こしたりしてた「赤福」の本店。
大盛況やけど、それを横目にとりあえず先にあっちへ。
そう、「あっち」ですよ。

川を渡って、「あっち」へ。
d0033333_22141493.jpg

橋の右は行の人、左は帰りの人が渡る。
真ん中は歩いちゃダメ。神様が歩くところだから。(「るるぶ」より。)

ちょっと人多いわー。写真撮らせてえ!
てことで、伊勢神宮。
d0033333_22144975.jpg

本殿の前は撮影禁止。人が多いからです。

伊勢神宮は式年遷宮をするのだが、あと5年で建て替えとなる。
すぐ隣にその敷地がある。
d0033333_22151452.jpg


昔の人は伊勢神宮にお参りをするのがあこがれであったわけで。
神聖さとか、静けさとか、いろんなものを期待して行ったのですが・・・。
朝早くに行けばそういうものも感じられたかもね・・・。なんせ人が多い。
観光地になっても、良き建築はその良さがなくならないとは思うのですが。

お寺なんかはそのアプローチや建物同士の『間』が建築としての神髄だと思うけど、
人の多さや暑さやなんやかんやでそれどころじゃなかった。
人はこんなに汗をかけるんだっていうくらいかいたぞ。
やっぱり暑い時期の建築旅行はだめだね。

参拝を終えて、赤福にて「赤福氷」を食す。
d0033333_22153681.jpg

抹茶のかき氷かと思いきや、中にはあんこと白玉が2つ。
あんこは赤福に使われてるものですね。
これがまたうまいんだわ!
氷の中に埋まってる白玉がモチモチでさあ。
冷たさで口の感覚なくなってるのに、あの弾力のものを噛むのはつらい。
でもおいしい。

で、麦とろろ定食を食べて旅行終了。
d0033333_2215583.jpg


ああまた食べてばっかりだー。
なんで私は旅行にでるとこんなに食べるんだー。
いや、旅行じゃなくても食べてるけどさ。

そういえばさ、OB会のはがきが届いたけど
返信用のハガキに自分の名前書く所がないよ?
どっかに書けばいいのかな。
多分気づかずに住所とか電話番号とかだけ書く人が多いと思う。

ていうか、OB会って日曜の夜じゃん!
次の日は祝日やけど、うちは日曜も祝日も出勤やし・・・。
2つ休み取るのはきっついわあ。
みんなの出欠状況見てから判断しよう。
[PR]
by ikue-551 | 2008-08-03 22:58 | 建築・デザイン

神様降りてきたー

5連勤が終わりました〜。
やっと、月1の連休です・・・。
眠い。まだ10時にもなってないのに眠い・・・。

最近、設計部はヒマです。
在庫の建売り住宅がもうちょっと売れないと、
新しく建てることはできないから。
だから設計ができない。ゆえにヒマ。

てことで、「夏まで仕事ないねん」と上司が言ったりして
この会社大丈夫かしら、なんて思ったりして。

とは言え、
「仕事無いから、売り建て用の推奨プランでも作っとこか。
ノルマは1人2プラン。奇抜な案を求ム。」とか
「こないだ提案した外構をまとめておくように」とか
「新仕様の資料をまとめるように」とか
「壁付けのポスト、候補5つ探して」とか

「忙しくないうちにいろいろやっとこ」て感じで
上司達がどんどん仕事振ってくるから、結局普段より忙しい・・・。
外構まだまとめてないし・・・。

本日、平面立面を5プラン提出。
新記録ではなかろうか。
いや、時々あるよね。「建築の神様降りてきたあ〜〜」という期間が。
エスキスがバシバシとハマる時期がっ。

提出したプラン、建ったらいいなあ・・・。
でも売り建てのプランやからなあ、大幅に変わるわなあ。


さて、キムタクの月9。
ご飯食べてたら家族がみてるので、私もたまに見てる。

いやー、ダメだわ。あたしゃ無理だわ、受け付けない。
「なにも専門的なことは知らないが、若くて無鉄砲でひたむきで、
それ故に他の政治家や官僚達が心をいれかえていく」みたいな・・・。

ち、陳腐すぎる・・・・・・。
なんてありがちな。
[PR]
by ikue-551 | 2008-06-02 22:16 | 建築・デザイン

再始動する。

ここ一年半ほど、特になにもすることなくダラダラ過ごしていた。

何かしなくちゃ!と思ってビオラのレッスンに行ったりしてるけど、
趣味を頑張ることなど誰にでも出来る。
お金と時間さえ費やせば、出来る。

仕事も、ちょっと停滞気味で。
ここ数ヶ月は、新仕様住宅のチーム(3人しかいない)に入ったので
気密断熱とかはそれなりに勉強してるけど、
それ以外の仕事には身が入らないし。

一級の製図試験が終わって一年半ずっとこんな調子だったなあ。
なにかしなくちゃと思いつつ何もしなかったのです。
人から見れば充実してるだろうし、自分でもそう思うときもあるんやけど
ちょっと仕事が暇になると「あ、ダラダラしてる自分がいる」と。

正確に言えば、狙うものはあるけど始めるきっかけがなかった。
その気もなかった。

でも、さっきふと「そろそろ始めるか」と思いました。
なんでこんな心境になったのかは謎やけどね。


新たに資格を取ります。
エクステリアプランナー。

今の会社で女の私が生き残るには、
しかも興味のないインテリアやキッチンの仕事から逃れるために、
「自分、外構やりたいっす!」
という意志を示すことは決してマイナスではないのだ。

一級はあくまでもベーシックな資格。
ここからのプラスαの資格こそが、自分が本当にやりたいことをやるためのもの。
・・・と思いますが、どないだろうか?
ま、それでもインテリアの仕事は回ってきますけどね。仕方ない。

独学で出来るだろうか?
製図試験もあるんだぜ。

ちなみにN建の講習は、試験直前の数回で教材ついて6万ほどです。
高!
やっぱ独学だ独学!
とりあえずアマゾンで本買うことから始めます。
この勉強を通して、実務にも役に立つ知識を増やしたいのです。
[PR]
by ikue-551 | 2008-04-30 00:21 | 建築・デザイン

広島食い倒れツアー

ということで、T山研のF森嬢と広島まで行ってきました。
いやあ、いい街です。
路面電車がある街は大好きです。

まずは広島市内の建築ツアー。

山本理顕の広島西消防署。
事前にo-c君にリサーチしたら「火事があると見学を断られる」
とのことだったので、ドキドキしながら行ってみました。
火事は起こっておらず、消防署はいたって平和でした。

d0033333_22505112.jpg

うわーうわー!素敵!
でも訓練は見れなかった。残念です。
d0033333_2251476.jpg

中にいる消防士さんは皆さん凛々しくて。
ううむ。ホントに素敵だ。(←何の見学してるの)


丹下建築の最高峰の一つ。
d0033333_22561358.jpg


d0033333_22562895.jpg

なにも言うことはございません。
美しいプロポーション。いい具合に風化したコンクリート。
全てがいいのです。


宿泊地、宮島。干潮でした。
d0033333_22564114.jpg

大鳥居まで歩いていけます。
小学校の修学旅行以来。

わたしたちは鳥居や厳島神社を真剣に見学しているのだが、
カップルが「写真撮ってくださあい」と寄ってくるのにはうんざり。
観光地の建築見学は疲れる。
ほんとうんざり〜。

翌朝、満潮。
d0033333_2343746.jpg

雨です。でも雨の宮島もまた良し。

今回の旅行のメイン・厳島神社!
d0033333_2384073.jpg

d0033333_2355569.jpg

なんて、なんて素敵なの〜〜。
鳥肌立つわ。


そしてそして、錦帯橋。ん?これは山口県になるのか?

造形はもちろん、ディティールとか景色が見え隠れするのも最高。
d0033333_23104585.jpg

d0033333_23111397.jpg

雨がすごくて、川の水だか雨なんだかもう分からんかったけど、
ギリギリの所まで行って撮影。

その後、せっかくだからと岩国城へ。
ま、何も言いますまい・・・。
いや、敢えて言うならRC造、木製サッシでしたけどね・・・。
ああ、こんなものを見るために貴重な時間を割いてしまった。
写真すら取る気なく。
そりゃ大阪城だって、建てたのは秀吉じゃなくて竹中工務店やけどー。

でも、岩国城へ向かう途中の街並は良かった!
まあ雨だから余計によく見えたんかも・・・。
d0033333_23105878.jpg


川が、運河みたいな川がいいんよ。
そこに面して建つ木造や組石造の建築。
あまり観光客もここまで来ないので静かで、
いつまでも歩いていたい感じです。

時間がなくてサーヴェイできませんでした。
いつかリベンジを!


最後に。
やっぱり私の旅日記と言えばこの話題。

d0033333_23234686.jpg

広島風お好み焼き!
ぺろっと食べてしまいました。
美味ですじゃ。


d0033333_23225767.jpg

宮島の「揚げもみじまんじゅう」
めっっっっっっちゃおいしいねん!!
これほどおいしいものが広島に潜んでいたのかっ!
と叫んでしまうくらいにおいしい。
放っといたら10個くらい食べてしまうかもでした。

宮島名物あなご丼。
うな丼よりもさっぱり。
d0033333_23231070.jpg


旅館での晩ご飯も、消化の遅いF森嬢(ランチのお好み焼きがまだおなかに残っていた)が「苦しい〜」と言ってるのを横目に、ふつうに牡蠣鍋やらなんやら食べた上に、コースについてたステーキ食べ放題を3回もおかわりし(多分これでステーキ一枚分くらい)、それでもお腹がいっぱいにならない私は「食べないなら食べてあげよう」とF森嬢の茶碗蒸しとそばを強奪し(だって仲居さんがちょくちょく寄ってきては「あら、あんた食べないの?」とかF森嬢に言ってくるもんだから。と言い訳。)、さらにはサービスでついてくるデザートのお汁粉を2人分食べ、あげくの果てにまたもや旅館サービスのお夜食を頂き、開けてみるといなり寿司が入ってて「おいおいこの状態で寿司はきついって〜」とか言いながら、男子フィギュアを見ながらいつの間にか食べてしまって部屋にあったお茶請けの紅葉まんじゅうなんかも食べたりして、ほんで1時頃に布団に入ってしばらするとお腹がグーグ−なって「お腹すいた」というとF森嬢は「えっ!?」と驚いて、普段えみちゃんねる嬢と行動してると気づかないけど私も結構食べるんだなと思ったのでした。

ん?いくえの大食いはもうわかってるって?
いやん。
[PR]
by ikue-551 | 2008-03-25 23:34 | 建築・デザイン

吉村順三の宿

また旅をしたい。
去年の後半は東京、湯布院と立て続けに旅行したけど、
それが終わると抜け殻のようだ・・・。

さて、友達と話してたらトントン拍子にいろんな旅行話が持ち上がり、
今の段階で仮決定してるのは

3月までに天橋立。
5月に山口。(錦帯橋とかいろいろ)
秋頃にはM研のOB会。
同じく秋頃にフィンランド旅行。

年休が少ない会社なので、OB会出席は微妙になってきました。
資格も受けるかもしれんし〜。外構関係の。試験日がかぶる気するわ。

さて、天橋立の宿を何気なく探してて、時間つぶしに本屋でガイドブックを見た時のこと。
普段は読まない「関西の温泉宿」みたいな雑誌を見ていたら

「天橋立の、吉村順三設計の温泉宿」という文字が。

よよよよよ、吉村順三!
それは泊まらねばなりますまい!

その宿は天橋立を代表する高級宿なので、本にもネットにもたくさん情報はある。
でも、順三の設計という情報はネットで20件ほどヒットするくらいで、
なのになぜあんな軽そうな雑誌に書いていたのか甚だ疑問だ。
でもありがとう。そのおかげで順三の宿に泊まれるのさ。

じゃらんで調べてみた。

一泊25000円〜。一番高いプランは9万円台・・・・・!
あの、フツーに格安のヨーロッパツアー行けますけど。

でもこの内装・・・!
d0033333_23344681.jpg

吉村順三と言えば、やっぱり暖炉。

d0033333_2335482.jpg

水平水平!
この部屋は特別室です。9万円台です。

d0033333_23353313.jpg

雪見障子が密かに垂涎ものだね。
たまらんな〜〜。

かにすきプラン25000円なら出せなくもないなあ。
友達がこの値段をOKしてくれるかどうか・・・。

まあ、28歳にしてようやく日本三景制覇となりそうです。
遅!

小6の修学旅行で厳島神社に、院2年の卒業旅行で松島に行って、
ようやく最後の一個です。
大阪からバスで3時間の所にあるのになぜか後回しだったのだー。
[PR]
by ikue-551 | 2008-01-07 23:49 | 建築・デザイン

エスキス帳難民

ビオラレッスンの後、大阪駅から歩いて10分くらいの中崎町に行ってみた。
ここにある雑貨屋さんに、銀座の画材屋・月光荘の商品が色々置いてるらしいのです。
建築関係者には月光荘ユーザーが多いよね。

戦利品は
d0033333_233962.gif

スケッチブックのピンクと黄緑(というか、この色しかなかった。)
中の紙は1cmのドット。5mm方眼ならいいのになあ。
もともとは無地かスケッチブックのみだったのを、建築設計の人が熱望してドットのを作ってもらったとか。
これでエスキスしまくりだ!しかも安いし。200円台でエスキス帳が買えるなんて。

前々から欲しかった、月光荘ケシゴム。
一個75円。
d0033333_2332733.gif


これまで画材・文具はステッドラー派だった私も、こっちに乗り換えるかも・・・。
シャーペンとホルダーは引き続きステッドラーですが。

無印のお気に入りエスキス帳(200円の無地のやつ)が生産中止になってから、ずっと数年間エスキス帳難民を続けてまして。でもしばらくこれで行こう。
ロディアにするつもりだったのに、上司が使っててさ・・・。まねみたいで嫌やし。

高校のとき同じオーケストラ部だったえみちゃんねる嬢はホルンを吹いていたので、夜落ち合ってご飯を食べた時にケシゴムを一個進呈しました。
月光荘と言えばこのホルンマーク。かわいすぎる。


この店がある中崎町は、すぐ近くに梅田のビル群があるんやけど、なぜかここ一帯だけは昔からの町家が残っていて、それを改装したカフェとか雑貨屋が今熱いらしい。
でもフツーに下町な感じ。勤労学生みたいな子が夕刊配ってたし。おばちゃんとか夕飯の買い物してるし。
梅田からすぐの場所やから、大阪的感覚で考えるとありえない。梅田って本来、人が住む場所じゃないんよ。一等地やし。ほんと、ここだけ異世界みたいだった。

中崎町の背後にそびえるアプローズタワー。毎日放送ビル。茶屋町Nu。
町家越しに見えるビルはコラージュのようでした・・・。
「中崎町を囲むように置いてたお地蔵さまが、空襲から守ってくれたから今でも街並が残っている」という都市伝説まであるらしい。

ちなみになんだか物価も安い感じ。
マンションの家賃も安かったぞ。看板出てたんよ。
阪急梅田駅まで歩いて10分弱、地下鉄谷町線中崎町駅まで歩いて5分なのに、1LDK(新築、オートロック、システムキッチン、防犯設備、ミストサウナその他諸々完備。設備面ではうちの会社の分譲住宅より豪華)のマンションで家賃6万台だよ。

しかもJR、阪急、阪神、地下鉄どれにでも乗りに行ける。
引っ越そうかな。
あの感じなら治安も良さそうやわ。

さらりと月光荘トークにするつもりやったのに、なんだか長文になってしまった。
文房具と街の話題は大好きなのだ・・・。
[PR]
by ikue-551 | 2007-12-19 23:32 | 建築・デザイン

混在の街

今日は、Eみちゃんとmochi嬢とご飯会。
これまでにも何度か行ってるカレー鍋の店だ。

mochi嬢は土曜が仕事なので、Eみちゃんと夕方からカレー鍋の店の近くのエリア・堀江をぶらぶらしつつmochi嬢の到着を待っていた。

堀江。
古くから家具問屋の街として栄えてきた。
しかし、時代が進みいくつかの老舗の家具屋が抜けていった所に
新たにインテリアショップやショールームが入ることが多くなり、
ここ10年ほど(もっと前かな)、新たな形の家具の街として認識されている。
それに伴い、カフェ、ダイニングバー、ブティック、雑貨屋などの若者向けの店も多くなった。アメ村が10代向けの街になってしまったことから、今では堀江が学生・OLなどに絶大な人気を誇る街である。
ハード面では、真新しさやおもしろさはあまりない。
街並の観点から見ても、集合のおもしろさ以外に見るべきものもない。
この街の魅力は、「混在」。
新しいショップ群と老舗の家具屋や飲食店。
さまざまな種類の店舗。
それらのいい具合に混ざり合った様子がこの街の最大の魅力であると言える・・・。


と、学生の頃を思い出して論文ぽく書いてみた。
ちなみに設計事務所が多い。石を投げれば建築家に当たる。て感じ。
私の最初の勤め先もここ。

ところが。
ところがですよ、奥さん(誰だよ。)

地元の友達は建築人ではないので、私は当然こういう話をしたことがない。
なのに、Eみちゃんはいろんな店を覗いてぶらぶらしてる時に一言、

「堀江は新しいのと古いのが混在してる街なんやねー・・・」

うんうん。

・・・・んん????

一瞬頷きかけて、思わずつっこんだ。
あんた、建築学生か!

いや、でもびっくりした。
建築の専門書も読んだことがない(と思う)し、
もちろんうちらのような教育を受けていなくても、
的確にこの街を言い表わしている。
しかも「混在」て。

その後合流したモチ嬢はそれを聞き、
「いやー、素人が『混在』という言葉は使わんやろー」と。
同感です。
私も論文以外で使ったことない。

えみちゃんねる、恐るべし。
結構サーヴェイとかに向いてたりするのかも。

ああ、カレー鍋はおいしかったですよ。相変わらず。
[PR]
by ikue-551 | 2007-10-21 01:44 | 建築・デザイン

なまる。

も〜ほんと最近ストレス溜まってる。
関わった計画が延期延期で、社長のプランの清書ばかりさせられてるからだ。

社長のラフプランを見ると「これはなんだ?在来か?」と思えるようなシロモノ・・・。
我が社は2×4なんだけど・・・。
子供部屋が5畳とか、幅が2275とか。分譲物件ではありえない。

なんとか整えて清書して持って行くと
「この和室の入り口はダメでしょう〜。これでいいと思った?」

カッチーン!!
あんたがちゃんとプランニングしないからこうなるんだよ!
入り口を想定しながら和室配置しないといかんよ!

「じゃあこの部分は宿題ということにしときますから」

じ・・・自分のプランやろ!押し付けるだけならまだしも、宿題てなんやねん!
ガッシャーン!
(わたしが机をひっくり返す音。・・・というのをいつかやりたいと思っている。その時は会社を辞める時。)

とにかく、そうやって苦心して何回も描き直したプランは、結局うやむやのままになくなってしまうのだ。「この敷地自体売れない感じだし、注文住宅に回しましょう」みたいな。
それが一番耐えられないことなんだ。

と、まあアトリエ時代に比べればだいぶマシな状況だけど
やっぱりこのままでいるとなまっていく一方だ。

とりあえず、来年秋の外構関係の資格を受ける。

そして、コンペやる!!

なんかいいのないかなー。
どんなんでもいいから、賞よりも何よりも、ただ何かをしたいだけ。
学生の頃は賞が欲しいのとはまた別に、切実にお金が欲しかった・・・。
たいして稼げなかったけど。

あの時は毎日アイデア探す努力してたけど、当時のストックも今は空っぽだ。
もう一度、最初から最初から。
[PR]
by ikue-551 | 2007-10-17 03:09 | 建築・デザイン