いきあたりばったり。


by ikue-551
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:呑むで〜( 13 )

酒豪部門担当

今日はリーダーのお姉さんが退職する日。
みんなで中之島の某インテリアショップに併設されたレストランへ。

お姉さんの初期の仕事の話から始まって、なぜかもっと昔の物件の話へ移行。
ええと、要約しますと・・・

・昔は社を揺るがすような欠陥の物件が一年に一軒くらいは普通にあった。
・昔手がけていた分譲地には、道すらないこともよくあった。
・よって、道を作ることがまず最初の仕事であった。
・クレーンでクレーンを吊ったことがある。
・道が狭くてダンプカーが入れないため、近所のお寺の境内を通らせてもらったことがある。
・どうしてもガード下を車が通れず、他の道もないから仕方なくタイヤの空気を抜いて車高を低くして通った。
・通ったところに今度はカーブミラーがあって道を曲がることができず、仕方なくカーブミラーを勝手に切断した。
・ほんで、あとから溶接した。

混沌の時代ですね・・・。
今なら許されんね。
特に、お寺の境内をダンプが通るって(笑)なんと罰当たりな。
カーブミラーの溶接も「こりゃネタだわ」と思ってたけど、社長や先輩の様子を見てるとどうやら事実らしかった。ありえへん。

それはもう何十年も前の話ですが、お姉さんも数々の伝説を残していかれました。
例えば今日の名言は・・・
「一級建築士を取るよりも、焼酎検定を取りたい。」
ステキすぎます。大好きです。

私はお姉さんから「設計部の酒豪部門」を引き継ぐことになりました。
ワインと焼酎が苦手な私には荷が重いのですが、よろしくお願いします。
(誰に言ってんの)
[PR]
by IKUE-551 | 2007-04-18 02:29 | 呑むで〜

見送る会。

父が入院しましたが、それでも会社の飲み会に行きました。
こう書くとめっちゃ親不孝者の娘やな・・・。
いや、入社して2か月、非常にお世話になったN谷さんを見送る会だったんで。
あと、工事部に一年だけ奉公に出てた(?)Aさんが設計部に復帰したので、それも合わせて。

たまたまやけどN谷さんが真ん前に、その横にAさん、私の横には設計部一の宴会男G田兄さんが座ったので、結構楽しく飲みました。

でも、飲みながらAさんの配筋講座が始まったのは一体何がきっかけだったのだろうか・・・。
Aさんは割り箸使って基礎の配筋を私とG田さんに教えてくれましたが、
後から二人で「さ〜〜っぱりわからんかったなあ〜」と笑ってました。ごめんねAさん。

で、私ともうひとりの女の子、基本設計のリーダー(私らの直属の上司)、G田さん、Aさんの5人で二次会ヘ行き、ちょっと真面目な話もして気づくと結構な時間になっていて。
電車あるのか?と心配されて、
Aさんが一万円貸してくれて「もしもの場合はこれでタクシー拾え」と。
なんていい人なんでしょう。
見ためは「メガネをかけた番長清原」なのに。

で、電車はありましたが、途中でなんか気持ち悪いなあ〜と思いつつ目を閉じて、気づくと一駅向こうまで行ってましたよ・・・。
逆方向の電車はもうなく、仕方ないから結局タクシー。何してんだか。


でも今日は二日酔いも何もなく(二日酔いなんてなったことないわ・・・)、無事に父の見舞いに行きましたよ。
何も食べてないから元気なかったけど(笑)
口は動かしにくいから、喋るのも結構小声。
でもリハビリで歩いたりしてたけど、そんなに不自由はないみたい。多少しびれが・・・みたいなもんで。でもまだ血圧高い・・・。

一応本人は
・酒を断つ
・質素な食生活
・歩く
・間食をやめる

と宣言してますが、どうなのかしらん。
誓約書書いてもらわなあかんわ。
とか言ってる娘が酒飲んで電車乗り越してんだから・・・あんまりえらそうに言えんなあ。
でも新人は酒を断れないしね。
[PR]
by ikue-551 | 2007-02-27 18:59 | 呑むで〜

雑炊とコーヒー

今日はM研関西組の忘年会。
T君とHろみちゃんが来れなかったので、メンツはshibataさん、M田さん、H野君、わたし、そして東京から帰省途中に立ち寄ったhirさんです。

最初の注文でたくさん食べて、お酒も何杯か呑んで、普通の人ならお腹が満たされるところですけども、今日のメンツは皆大食いであった。

「・・・鍋行く?」

「行く?」

「行っちゃう?」

というわけで豆乳みそ鍋を追加注文。

これがまた、とてもおいしかった。
牡蠣とかツミレとかを入れるんやけど、とくにその後の雑炊が絶品。
ダシにご飯入れて、とろとろになったらチーズを入れるの。
牡蠣味のリゾットって感じで、すごくおいしい。
また行こう。


ほんで2軒目は、いかにも”喫茶店!”てかんじのレトロな店。
いつも気になるけどさすがに一人では入れない雰囲気なので、
この機会に入ってみることに。

ここのコーヒーがすばらしい!
わたしは実はコーヒーが大の苦手で、香りは好きやけど味がダメなのだ。
あの後味と言うか、呑んだ後ずっと口の中が気持ち悪いと言うか、のみながら吐き気がすると言うか・・・(散々やな・・・)

でも、この店のは後味悪くないの。さっぱりしてる。
変に苦くないし、でも濃厚でコクがある。
これはもうファンになったわ。
マスターがよく喋るけどな・・・。

みんなともたくさん話せてよかったです。
東京組の近況も聞けたしさ。
たまにこうやって、遠くに住んでる人と呑めるのは楽しいですね。
また誰か来ないかな〜。
[PR]
by IKUE-551 | 2006-12-30 01:18 | 呑むで〜

酒は飲めども呑まれるな

昨日は会社の忘年会。
もう辞めはる女の子の送別会と、私の歓迎会も兼ねてるのだそうだ。
次からはおいらが幹事か〜。下っ端は辛いのう。

さて、会社から歩いて5分ほどのキレイな和食居酒屋にて呑み開始。
右隣はリーダーのお姉さん。
その隣は私の教育係のおっちゃん。
向かいは男性陣では一番若手の(と言っても30代半ば・・・)の兄さん。
そして左隣は社長(笑)

久しぶりによく呑んだわ。
でも、自分の「酒呑める」性質は、どこに行っても非常に役立ちます。
ぱっと見は呑めなさそうなのに(←と言われる)、熱燗をガンガン飲むのはどの職場でも酒飲みの人たちに喜ばれます。「設計部にくる女の子はみんな大酒飲みやな〜」と。

でも2軒目に行って、(社長は除く上記の人たちと。おっちゃん、お姉さん、兄ちゃん、もう辞めはる子。そしてここから工事部のおっちゃんも参加。)わたしは「ああ、こりゃやばい。回ってきた」と思ってウーロン茶を頼んだら全員から
「またまたまた〜〜〜!な〜〜にがウーロン茶やねん!」と速攻でツッコミが。
私、入って一週間やねんけど・・・。ステキなノリやわ。

しかも現場でちょっとお会いして挨拶を交わした程度の工事部のおっちゃんから、
「ウーロン茶かいなー。工事部でも『今度設計に入った女の子は酒飲みらしい』て噂されてるのに」
なんやねん、その噂。

お酒とは素晴らしいものです。
まだそんなに話したことの無い同僚の方達とも普通に話せるのは、やはりお酒の力なのですよ。

久しぶりに酔っぱらい、ほんまよく家までたどり着けたなあって感じ。
気づくと環状線の電車の中で私は小さく鼻歌を歌ってたぞ・・・!!
怖いわ!!!
誰にも聞かれてないと思う。そう思いたい。

乗り換えもよくできたもんだと思うし、よく最寄り駅で降りれたなあ。
酒に呑まれる一歩前やわ。
今度からは、人にすすめるのも上手になりたいわ。
みんなうまいねんわ。
[PR]
by ikue-551 | 2006-12-27 11:48 | 呑むで〜

先生がやってきた!

M先生が大阪に出張で来はりました。

今回集まったのは5人。
shibataさんとM田さんとH野くんとH美ちゃんとうち。

shibataさんなんて会ったのは正月以来だもんなあ。めっちゃ久しぶり。
ていうか関西組の飲み会があんまりないから・・・。
人数少ないし、みんな関西中に散らばって住んでるからね。京都飲み会だと私は10時半に出ないと終電に乗れないし、大阪だとTくん来れないし。

あ、他にU先生とG藤先生も参加しはりました。
三人で就職関係の仕事(工大主催の、企業向けのセミナーみたいなもん)に来てたんですってよ。

でもついにU先生も就職担当をやめはるとかいう噂。(H美ちゃんがだれかにきいたみたいで。先生に直に聞いたわけではない。)
先生は定年まで就職担当だと思ってた。
G藤先生に後を譲るらしいけど、院政政治のようにU先生が影で実権を握って暗躍するのかもしれん・・・!(←何が?)

しかし、あのしょっちゅう掲示板に貼られてた張り紙はどうなるの?
とんちが利きすぎて意味の分からない、U先生お手製の就職活動標語の張り紙は・・・。G藤先生作れるのかな。「建築学科のコピーライター」の座を受け継げるのか?

私が忘れられないのは、去年貼られていたという
「目を覚ませ!陽は西から昇らない!」とかいう標語。
現役生に「どういう意味やと思います?」と聞かれ、

1.ありえないことを待っててもしかたない。高望みせずに自分に見合った就職先を探せ

2.関西の不況は想像を絶するものであり、希望の光のかけらもない。おとなしく北陸か関東で就職活動せよ

と2通り考えた私・・・。
1が本命、2が大穴。どちらも外れてるかもしれんけど。
未だにU 先生に真の意味を聞けないでいる。
[PR]
by ikue-551 | 2006-10-11 03:33 | 呑むで〜
今日はいろんなことがあったのだ。

まず、朝起きて少々法規をやったけど辛くなってやめ、出かける準備。
梅田のもうちょっと先の、十三(じゅうそう)という街にある映画館へ。ここでルイス・カーンの映画「マイ・アーキテクト」をやってるの。
梅田から阪急電車の特急に乗り、数分で一駅目に到着。「ほう、これで一駅目ね。普段乗らないから緊張するわ。・・・って、ちょっと待った!ここが十三ちゃうの!?」と思った瞬間にドアは無情に閉まった・・・。しかも特急だからなかなか止まらず、私はなんと茨木市までいくはめに。
ま、映画の時間には間に合ったけど、自分の馬鹿さ加減に呆れたのであった。

やっとついて、地図通りに歩いていくと、何とも怪しげな歓楽街に。あちこちに某紹介所が建ち並び、メイド喫茶やキャバクラが乱立。ううう。
その一角に映画館はあった。「客が自分だけだったらどないしよ」と思ったけど、やはり建築関係+映画マニアでごった返しており、結構な人気のようだ。

映画自体はなかなか面白く、建築を知らない人でも楽しめそう。
でも私は連日の睡眠不足がたたって時々寝てしまった。
一番好感を持てたのは、カーンの一人目の愛人かな。何が良かったのか覚えてないけど、なんか心に残ったの。

そして、またもや私は事務所へ行った。所長に定期代をもらい忘れていたから。もうええ加減この人と縁切りてえわ。
所長は財布からお金を出しながら、「そうそう、小学校(私が担当していた)の質疑が○○建設から来てな、視聴覚室ってこれで良かったっけ?」「ここスロープいらんかって聞かれたけどいらんの?」と、普通にスタッフ相手のような会話。あまりにも普通に言うから笑ってしまいそうだった。

ほんで、Sら子ちゃんたちがいる部屋に突撃。
模型を作りに学生さんが来てた。若い・・・若いよ・・・・ピチピチだ・・・。
所員さんとSら子ちゃんとしょ〜〜〜も無い会話で笑いあったり、試験のこと話したり。(3人とも受けるから) いやあ、楽しいね〜。試験終わったら皆で呑むんだ。早く試験終わらんかな〜(←え?)

・・・と30分以上仕事の邪魔をして退散し、前の事務所の同僚O塚さんと呑み。
もしかして一年近く会ってなかったかも。お互い都合あわなくて。
O塚さんも総合資格に行ってるので(別々の学校やけど)、試験の話や模試の話、仕事の話も少々、O塚さんの恋愛ネタ等、2時間以上喋ったあと、O塚さんの彼氏が登場。この方とは私も多少仕事上の付き合いがあったのだ。
あいかわらず男前な人だったわ〜。

というわけで今日は全然勉強しなかったなあ。
明日は新喜劇見るまで学校で勉強しよ。
しかし、仕事やめてからこんなに人とふれあうことは無かったから、なんか新鮮。
たまにはこんな日もないと、やってられんね。
[PR]
by ikue-551 | 2006-06-15 01:53 | 呑むで〜

町家は寒い。

昨日の京都飲み会のまえに、一人でTime'sに行ってみました。
カフェに行きたくて。でもさすがにあのテラスの席は誰も座ってなかった・・・。

d0033333_116412.jpg
メイプルティーを飲んでみた。久々にのんびりできた。
ほんで、高瀬川沿いを歩いてCOCON KARASUMAまで。
d0033333_1191354.jpg
ピンぼけしてるけど冬の高瀬川。
忠雄っちがTime's設計する時に役所に行って協議して、「川に面してるのにテラスに手すりがないなんて、もし子供が落ちて溺れたらどうする」と言われて、「こんな深さ数センチの川で溺れる子供の方がアホや」と返したら怒られたというエピソードが好きだ。


d0033333_1391943.jpg
COCONはほとんど時間なくて、ちゃんと見れなかった。どうなんでしょう、この建築は。最近新建築すら見なくなった私にはわかりません・・・。てか、どこまでが隈さんの手が入った部分なの?

そしてそして、COCONでshibataさん、M田さん、Tにくん、私、Sら子ちゃん、8期のH美ちゃんが集合。その後H野くんも合流して町家を改装したオサレな呑み屋さんへ。
私らの座敷は、通り庭を通って行くのね。京都らしくてよかったです。料理も酒もおいしかったし。

話が盛り上がってきたところで、なんとMやっちさん登場〜!
何年ぶりでしょう?卒業しはって以来やから3年以上・・・?
あの人全然変わってないの。みんなで笑っちゃった。でもなんか、変わってないのってうれしいよね。

建築の話、職場の話、一級の話、恋愛の話、野ブタの話(←なんで?)など、いろんなことを話しまくって、2次会のCOCONのカフェを出て解散したのが10時。
梅田駅での乗り換え時の爆走を挟んで、家に着いたのは12時前・・・次の日仕事じゃなかったらもっとゆっくりできたのに。てか、朝まで呑んだのに。

幹事のshibataさん、おつかれさまでした。
次はいつにしましょうね(気が早い)。
[PR]
by ikue-551 | 2006-01-10 01:38 | 呑むで〜
4日は高校時代の仲間と呑みました。

Eみちゃん、mochikuma嬢とはしょっちゅう会ってるけど、その他の3人とは多分お盆以来か。この数ヶ月の間で、皆やけに新しいネタをお持ちで、
会社辞めたり、
新しい会社に勤め始めたり、
人間関係のこじれから数週間で辞めたり、
彼氏と別れたり、
そのすぐあとに新しい彼氏見つけたり

・・・とこれ全部、とある一人のネタなんですが。半年足らずで怒濤の展開だったようで。人生動くときは動くもんだね。すごいね。

呑みの後半はmochikuma師匠のお笑い批評を聞かせていただきました。
今のところ、Eみちゃんともどもチュートリアルに注目しています。あかん、もう「トーマス・マッコイ」が頭から離れへん。(詳しくは去年書いたM-1ネタ参照。)
イシバシハザマも今年は応援しよう。
ああまたお笑いの話になってる!正月は大阪はお笑い番組ばっかりな上にmochikuma師匠と話したもんだから、余計にね・・・。

明日から仕事ですわ。がんばるわ。

ああそうだ、古畑ネタをかこうと思ってたんだった。
イチローすごくない?そこらの大根な役者よりよっぽどうまかったで。話的にも、3話の中でこれが一番古畑っぽかった。
藤原竜也は怖すぎるし。あの若さであの演技。ただ者ではない。
さっきの最終話はなんだか切なかった。松嶋菜々子かあー。うん、まあええんちゃう?(なんなの偉そうに。)

やっぱり三谷ドラマには西村雅彦は必須やね。三谷さんと仲が悪くなってこの人の作品に出なくなったと聞いたけど、やっぱりたまには出演してください。
[PR]
by ikue-551 | 2006-01-06 01:56 | 呑むで〜

夢の会談が実現

今日はM田さんとshibataさんとH野くんと私の4人で梅田に集まりました。もちろん飲むために。

そしてメインゲストは我らがM先生だ!
先生は就職関係の接待(工大側が企業の人を招く)のために大阪に来てはったのだが・・・もう薄々お気づきの方も多いと思うが、就職と言えばU先生。私らが先生の指定した場所に着いたらば、やはりU先生がいらっしゃった。しかもK崎先生も。というわけで7人で飲みました。

U先生は、私がshibataさんとほぼ同じピッチで生中を飲み干すのを見て「君、実は飲むんだねえ〜。昔そうと知っていれば・・・」
M先生「知ってればどうしたんだよ」
U先生「一緒にサシで見つめ合いながら飲んだだろうにねえ〜」
と相変わらずのセクハラ発言が笑えました。こんな人が就職担当とは(笑)

K崎先生はお父様の話をしてくれました。言わずと知れたあの巨匠ですね。
巨匠は学校の給料、ボーナス全てをスタッフの給料に当てていて、奥さん(先生のお母さん)は怒ったそうだ。「あんた!(←と言ったかどうかは知らないが。)もう設計は辞めて、大学の先生の仕事だけやってちょうだい!」と。先生はそれを見て「絶対この道には進むまい」と思ったんだって。

さらにK崎先生が言うには、人は守るべき存在ができたとき、急に弱くなってしまうのだとか。それまでは結構上に対して噛み付いてて「いつでも職場辞めてやる!」みたいに思ってたのに、結婚したら組織に従順になってしまう。
まだ奥さんは大人やから話せば分かってくれるけど、子供が生まれて何も知らんとハイハイしてるのを見てたら、無理なことはできないなと思うよ、と言ってた。なんかずっしりきた・・・。
てことは・・・わたしらも無茶するなら今しかないってことですね?

でもね、逆に言うと、そういう存在がいるからこそ人はつらい環境に耐えれるんだって。家族を守るためにはしんどい職場でも我慢出来るって。
だから、ふつうのサラリーマンなんて馬鹿にされがちだけど、実は一番すごいよね、って言ってた。
建築家も同じで、すごい作品つくって、お偉いさんに噛み付くようなやり手の人でも、結局守る存在がいないような建築家は信用しちゃいけないって。本当に偉大なのは、守るべき家族がいながら、きちんと自分のやりたいことをやり、言いたいことを言ってる人だと。

めったに一緒に飲めない先生と飲むと、いい話が聞けるね。久々にK崎先生の「あんたがた〜」も聞けたし。
またいつか先生方と飲みたいものです。
お三方はこれから名古屋、東京と回るみたいですよ。
[PR]
by ikue-551 | 2005-10-12 02:30 | 呑むで〜
立て続けに投稿。
昨日セミナーに行った後、前の事務所の同僚O塚さんと飲みました。
O塚さんは、前にも書いたけど会社勤めのお姉さんで、週に1回休みの日(平日)に事務所で修行してる人です。

私が事務所を辞めた後もO塚さんはほぼ週に1回事務所に行ってるようで、私の後がまに座ったスタッフとも何度か会ったとのこと。わたしはその子と入れ違いで辞めたので、面接に来た時しか会ってないから、興味本位で色々O塚さんに聞いてみた。

意外と、新スタッフはあの所長とうまいこと仕事をやっている・・・ように見えて、やっぱりつらい毎日を送ってるらしい。
所長は基本的にドケチ。どーでもいいことで怒る。自分に甘く、人に厳しい。独身。その他色々、性格に難あり。これを踏まえて、O塚さんから聞いた事件の話を読んでほしい。

所長とそのスタッフ(23歳のぴちぴちの青年)は、ある日メーカーのパーティに出かけた。そこではおいしい料理や酒が振る舞われ、所長は大喜び。
たらふく食べた後、「このあと別の場所へ行くから先に事務所に戻って。お土産も忘れずにもらって帰りや」と言われた青年は、メーカーが帰りの際にくれるお土産を所長の分と自分の分、2つ受け取って事務所に戻った。

袋をあけると、結構豪華なカタログと、板チョコが一枚(しょぼいな)。
「どうせ所長は中身知らんし」
と思った青年は、所長の袋からチョコを取り出し、こっそり持って帰ってそれを友達にあげた。

次の日。袋の中身を見て所長は言った。
「あれ?チョコは!?」

なんてことだ!所長は中身を知ってたらしい。誰かに聞いたみたいだ。
どうする青年!私ならシラを切り通してアドリブで切り抜けるぞ。
「え?チョコ?そんなもん僕の袋にも入ってなかったっすよ」とか言ってさ。


しかし、青年は純朴すぎた。
つい、全てを白状してしまった。
(プロジェクトXみたいな語りになってきたな〜)

ここで、普通なら「お前アホか〜そんなにチョコ欲しかったんか〜」
とか「言うたらあげるのに。何やってんねんなー」と笑い飛ばすだろう。こっそり盗むのはどうかと思うが、板チョコ一枚くらい別にたいしたことじゃないし。むしろ笑える話だ。

でも所長は違った。
ネチネチネチネチと、その純朴青年に嫌みを言ったそうだ。しかも数時間後までネチネチネチネチ。ご飯中もネチネチネチネチ。きっと「おいしかった?」とか嫌みったらしく言ったんでしょう。


この話聞いて居酒屋で爆笑。所詮人ごとだからねー。(←ひどい)
いや〜辞めてよかった!

しかし、青年よ、甘いな。
あの所長とつきあっていくには、嘘、ハッタリ、ごまかしは毎日必要だ。
そのためには、一つごまかしをする時には常に最悪の事態を想定し、突っ込まれたらどうするかを考えておかなきゃ駄目だ。あんたはチョコに手を伸ばした時点でそこまで考えないといけなかったのだ。

まだまだ精進が足りませんよ。
[PR]
by ikue-551 | 2005-10-11 02:18 | 呑むで〜