いきあたりばったり。


by ikue-551
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロポーズされた・・・!

タイトルは間違ってないけど、これはまたもや夢の中の話です。

飲み会で社長に
「ikueさん、僕と結婚しない?」
と言われ、何言っとんじゃコイツと思った。
オヤジの冗談は無視に限るわいと思って笑って流すと
了解ととらえられ、それからずっと婚約者気取りをされた。

次の飲み会(ホントはうちの職場そんなに頻繁に飲み会ないけど)
では、皆が周りにいるのに社長ウキウキで紙袋を私にくれて、
中身は婚約指輪とかその他諸々。
そもそも指輪を紙袋に入れて渡すってなんなのよ。

しかも「あ、これも入れときますね。僕読んだんで」
とゼクシィまで入れられてしまったのだった。うおぅ。

ここから私の苦悩が始まる。
ああ断らなくちゃ、でもどう言おう。
お母さんが反対してるって言おうかな。
「そんな大きな息子は困る」って言ってると言おうか。
だってお父さんと社長、同い年やし。
でも断ったら会社辞めなあかんのかな。
ああどうしよう。困る。
とりあえず結婚しても相方とは陰でつき合えばいいや。(←エエー)
とは言え、うち社長の事嫌いやし顔も嫌やのに
結婚して○○(お好きな言葉を当てはめてください)できるんかな。

そんな私の横で、いつ結婚しようとか結婚式場の話とか
浮かれながら話す社長。

いつしか場面は変わり、飲み会後のタクシー内。
なぜか社長と二人。
会社近くのラブホ街へ近づいてると知り、蒼白になる。
無言になった私を見て「OK」ととらえたのか、
いきなり肩を抱いてくる社長。

ヒーーーーーーーーーー!!!!!!!!

き、気分が悪いので帰ります、車止めてください!
と言ってもなかなか止まってくれないタクシー。
グルかっ!運転手もグルなのか!

なんとか降りて逃げて、
「明日はえみちゃんねる嬢の家に行く予定やからその時相談しよう」
と思ったところで目が覚めた。

起きてもしばらく、ほんまに夢なのか現実なのかがわからず。
ホントにえみちゃんねる嬢宅に行く予定だったから
妙に夢と現実が混ざってしまい、頭がはっきりするにつれ
「大丈夫だ、婚約してない」とほっとする始末。
一応えみちゃんねる嬢には「あれ夢やんね?」と確認したが(笑)

なんという恐ろしい夢・・・!
そんじょそこらの怪談話などよりもよっぽど怖い。
[PR]
by ikue-551 | 2009-07-08 09:39 | 日々のこと