いきあたりばったり。


by ikue-551
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

浪花のイメルダ夫人

身内の恥をさらすようでアレですが、こんなことが実際起こるんやなという話。

年明け早々おばあちゃんが亡くなったことはここにも書きましたが、
いろんな事後処理も終わってやっと生活が普通に戻った先々週の土曜に
父の兄とその奥さんがうちにやってきました。

うちの父は次男やけどおばあちゃんを5年前に引き取っていて、
長男であるおじさんとばあちゃんはもともと微妙に折り合いが悪く、さらに奥さんとばあちゃんはもっと仲が悪い。
でもおじさんは2か月に一回くらいはばあちゃんに顔を見せにきてたりとかしてて。
うちには車がないから、ばあちゃんを病院に連れて行く時とかは車出してくれたり。
でも奥さんはもうぜんぜん。

さて、2人はやってきて、奥さんがこう切り出した。
「お義母さん、結構財産持ってたって聞いたけど」

・・・・・・・・・・・・・・HA????

思わず英語になったわよ!

あるわけないでしょ、年金で暮らしてた田舎のばあちゃんに。
両親が、そんなんあるわけないやん、年金は毎月お墓の維持費とか本人のお小遣いとか薬代にしてたし、これまでの貯金は入院とかの時に使ったよ。とか説明したけど、

2人はまた昨日やってきた。
昨日は私は出勤日。
惜しかった。その場にいたかった。だって、

「人より多く年金もらってたらしいやん」
「貯金が○○○万円あるって聞いたけども」
「おたく、バイクが3台もあるのねえ」などの発言の数々。

年金は普通に一か月85000円です。
貯金は前も言った通り入院費に使った。ていうか、元々そんなにない。

バイクは2台が弟の。大型が一つと、通勤用の原付。
もう一台は妹の原付。大学に行く時に使うの。
3台とも中古やし、あの子らは自分の給料で買いましたけど。

と言っても、所詮水掛け論なので、オバサンは「これまでばあちゃんにバイクやら何やら買ってもらといて、遺産まで5人でとる気か」みたいに思ってるらしい・・・ほわ〜〜、おもろい。こんなドラマみたいなことが現実にこのド庶民の家で起こるなんて。

ほんまに何百万もあるなら、お葬式のお金もそこから全部出して
ついでに雨漏りもカワックの故障も全部治すっちゅうの。

葬式代は、足りない分を兄弟3人で割る予定だったのに
全部うちの父が出すようにオバサンは言ったそうです。

父はおばあちゃんの通帳を見せて、
年金の振込額や毎月田舎の家の光熱費が毎月ひかれてることまで説明。
しかし納得しないオバサンは、一度説明が終わったはずの年金話を
また蒸し返したそうで、さすがに父も切れてテーブルを叩き、

「どうぞお帰りください。」

なんというか、これを後から聞いた私も、聞かせてくれた母も
もう怒りとかはなくてただひたすら笑えて仕方なかったっす。
だって〜〜〜〜向こうの方がお金持ちなのよ〜〜。
それをさ、ありもしないお金でずっとうだうだ言ってんの。
あるけど、のこりは数十万だよ。アホちゃうのー。

お金は人を変えるのです。そして兄弟の縁すらも。
49日の法要も来ないみたいです。いいけどべつに。

父は
「おれはあの人(オバサン)が死んでも絶対葬式には行かんぞ。兄貴の方はやっぱりずっと世話になってたから行くけど。あのイメルダ夫人だけはもう二度と会いたくない!」

・・・イメルダ夫人!!(笑)
おもろいこと言いよるな、おとん。

ちなみにイメルダ夫人とは、フィリピンのマルコス元大統領の夫人。
夫の独裁体制を笠に着て、自らも政治に介入したすごい女。

要約するとこんな人です。
wikipediaより。
ありもしないお金を求める情けないオバサンと悪女(?)イメルダ夫人は
イコールでつながらない気もしますけど・・・面白いから許す。
[PR]
by ikue-551 | 2008-01-29 01:22 | 日々のこと