いきあたりばったり。


by ikue-551
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

7月24日通りのクリスマス

水曜の面接のついでに、そのあと映画見てきました。レディースデーだから。

d0033333_3102577.jpg


「7月24日通りのクリスマス」
大沢たかおと中谷美紀です。
中谷美紀は相変わらず美しいです。

監督や脚本は、「電車男」のチームで編成されてるようで、そういわれてみると確かに「電車男」とリンクする部分が多い。野暮ったい人が恋をしてあか抜けていくあたりとか、その他いろいろ。

でも、電車男とは違って女性目線なので、また全然違う映画として捉えられました。
「大沢たかお素敵・・・」と女性客がしみじみ思えるように、大沢を王子様として作りあげたって感じ。
たれ目だけど、ヒラメ顔だけどかっこいいぜ。

舞台が長崎で、中谷美樹演じるサユリが妄想でそこを「リスボンだ」と思いながら暮らしてんだけど、実際にリスボンの風景が(つまり妄想の風景が)出てくるので、街並見るのも楽しかった。
長崎は行ったことあるけど、もう10年以上前やから全然覚えてなくて。
リスボンは無理でもせめて長崎行きたい。
そして皿うどんを食べたいの。

サユリのお父さんは小日向さんが、そのガールフレンドはYOUが、弟を阿部力、幼なじみを佐藤隆太が演じてました。この4人が笑わしてくれた。特に小日向さん。ぷぷぷっ!
弟の彼女は上野樹里。
あとは先輩夫婦に川原亜矢子と沢村一樹(ねえ、この二人の組み合わせってよく見ない?二人が夫婦や恋人同士を演じてるのを何回か見た気がする。)
みんな無理の無いキャストで好感持てた。
話題性じゃなくて、きちんと芝居のうまい人ばかりで。

うんうん、電車男よりこっちの方が好きかな。
べつに目新しいストーリーでもないし、先は読めるんやけどね。
でもほんわかしてよかった。
[PR]
by ikue-551 | 2006-11-24 03:11 | 映画・舞台