いきあたりばったり。


by ikue-551
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ジュニア誕生。

予定日より半月早いけど、今日出産しました。
元気な男の子です。

ちょっと生々しい話やけど書いていこう。
夜、残業の旦那の帰りを待ちつつ、テレビ見ながらゴロゴロしていた。
すると、お腹の中で今までになかった感覚が。敢えて言うなら「石垣の石を一個引っこ抜いたら、上の石がガラッと落ちた」という感覚。すぐに少量ずつながらもダラダラと破水が始まる。

すぐに病院に電話。来なさいと言われたので着替えて荷物まとめてタクシー呼んで、まだ仕事中の旦那にも電話してすぐ出発。この間に軽く陣痛が始まる。

産院に到着。この時点で夜10時過ぎ。
控えの部屋ですぐ内診してもらい、モニターもつける。どうやらかなり進んでる模様。だんだん陣痛も我慢できなくなる。

11時に分娩室に移動。
息をゆっくり吐けとか声出すなと言われるけど、あんなん無理やし。うわーーとか、いたいーーとか叫ぶ。いきんで産んでしまいたい衝動に駈られるも、まだ我慢しろとのこと。
たまに助産師さんが来て、お尻(肛門のあたり、つまり下がって来た赤ちゃん)をぐいっと拳で押してくれる。これでかなり楽になるも、他にも陣痛中の人がいるので付きっきりでやってくれない。

そこへ駆けつけてきた旦那登場。彼が神様に見えたのは初めて。顔を見た瞬間「肛門のあたり押してーー!!」と叫ぶ私。え?と豆鉄砲食らったような旦那。助産師さんに説明され、グイグイ押してくる旦那。そんなんじゃ足りん、もっと押せと叫ぶ私。渾身の力で押す旦那、腕がプルプル震える。しかし一定の力で押せと叫ぶ私。
理不尽な要求にも答え、私に水飲ませたり、執事に徹する旦那でありました。

30分後、いきむ許可が出る。痛みを我慢するしかなかったこれまでよりずっと楽。陣痛に合わせてウンウンいきむ。はい息継ぎ!と助産師さんの指示。なぜか一緒にいきんでた旦那、プッハーーと盛大な息継ぎをする。うるさい。

そして医師が来る。ってことはもう産まれるんだなと思い、ちょっと安心。
もう頭出るから切開するねーと言われ、ハサミのようなものでアソコをバチンと切られる(あの音は一生忘れない)。でもそんなもん痛くなく、そのままいきむ。いきむ。いきむ…。

「はい、頭出た!いきまず呼吸して」と言われる。ズルズルと引っ張り出される感触。少ししてホニャーと産声。
すぐ胸の上に置かれる。
ちっこい。
かわいい。
ほっぺプリプリ。
爪が伸び気味(笑)

切開したアソコを縫合して、胎盤も出してしまって、あんなに大きかったお腹はスッキリ。いやまだ皮がたるんでるか。

結局、破水から2時間半ほどの超安産でした。
初産でこんなに早い人はなかなかおらんでと助産師さんに言われた。

昼から早速いくえ父と母がやってきた。初孫なのでね、ガラス越しの対面とは言えメロメロ。
特にジジバカぶり、炸裂。男前やなあとか、端正な顔立ちだとか。ほんとバカだよアンタ…。

明日から母子同室でお世話が始まる。
下半身が全く言うこと聞かないけど(骨盤がまだガタガタな感じ)、なんとか頑張ります。
とりあえず今日は寝ます。
[PR]
by ikue-551 | 2011-12-13 21:01 | 日々のこと